イメージ 1
ブロンシュベア↓
もうすぐ、6月ですね。
6月と言えば、6月の花嫁 「ジューンブライドは幸せになれる。」と言われますが、
その由来は諸説があって、
(1)6月すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジューノ"Juno"(ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラー)からきているため婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、 きっと花嫁は幸せになるだろう、とあやかってとする説。

(2)その昔、ヨーロッパでは、3、4、5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説。

(3)ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くため、はつらつとした季節の始まり、若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、 加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、6月の花嫁は幸せになれるとする説などがあります。

日本で6月といえば、入梅の時期で以前はこの時期に結婚式を挙げるカップルは少なかったとか。
そこで、閑散期になんとか集客をと考えた結婚式場関係者が欧米の言い伝えを“輸入”したのが、日本にジューンブライドが根づいた理由とも言われています。

なーんだ、結婚式場の策略なのか・・・とがっかりする方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、ジューンブライドにあこがれますね。